【PCゲーム】フルスクリーンとボーダーレスの違いとFPSの影響

FF14
Icons made by Freepik from www.flaticon.com
スポンサーリンク

こんにちは。雷神久です。

今回はゲームの設定でフルスクリーンとボーダーレス(仮想フルスクリーン)の違いについてメリットとデメリットも含めて紹介していきます。

フルスクリーンのメリット・デメリット

フルスクリーンのメリット
  • 軽い。(PCスペックが足りない場合はフルスクリーン一択になる場合もある。)特にグラボの表示能力をゲームに集中させることができるためPCへの負荷が軽くなる。
  • FPSを上げることができる。
フルスクリーンのデメリット
  • マルチディスプレイに向いていない。(PCスペックにも依るが他のアプリに切り替えるとフリーズすることも…。)
  • FPSを制限しないと逆にカクついて表示される場合がある。(リフレッシュレートの低いTVやモニターに接続している場合は対応しているFPSに下げる必要がある。)

ボーダーレスのメリット・デメリット

ボーダーレスのメリット
  • マルチディスプレイに向いている。他のアプリケーションに切り替えたり、マウスカーソルがゲームの枠を超えることができる。
ボーダーレスのデメリット
  • 重い。ある程度のマシンスペックが要求される。
  • FPSが制限されてマシンスペック以上のFPSを出すことができない。シューティングゲームなどのFPSが求められるゲームはフルスクリーン一択となる。

どっちを選べばよいのか

PC負荷の軽減とFPS優先の場合はフルスクリーン。

PCスペックが高く、マルチディスプレイで他のこともやりつつゲームをしたい場合はボーダーレス。

上記の要領で使い分けるとよいだろう。

なお、ゲームクオリティを下げればFPSを上乗せすることができる。FPSを優先するにはフルスクリーン + ゲームをパフォーマンス優先に設定することが大切だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました